女性は、加齢とともに体中の筋肉が緩んできます。 骨盤底筋群という膣や肛門周りの筋肉も例外ではありません。また出産をした方は、筋肉だけでなく膣壁の緩みも生じさせます。 肥満が原因でゆるんでくる方もいます。

実はデリケートゾーンの悩みについて、一人で悩んでいる女性は多くいます。

まずはあなたの悩みを
確認しましょう。

尿トラブル・
膣のゆるみ度チェック

こんな症状がある方は、膣のゆるみが原因かもしれません

尿失禁には、大きく分けて3つの種類があります。

腹圧性尿失禁

膣のゆるみが原因で、咳やくしゃみなど、ちょっとした事でお腹に力がかかると、尿モレ(尿失禁)を起こします。手術で治りますが、近年切らずに行えるレーザー治療が人気です。

切迫性尿失禁

突然強い尿意に襲われます。膀胱が正常に動かず、勝手に収縮してしまうことが原因。
薬での治療が可能です。また、症状によってレーザー治療が行える場合もあります。

混合型尿失禁

「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」の両方の症状が併発する場合もあります。
レーザー治療により、症状が軽減できます。

デリケートゾーンのお悩みは、他の人との比較が難しいので、自分が正常なのか心配しつつも、恥ずかしいという理由で周りに相談できず、ひとりで抱え込んでしまう方も多いものです。
当院は泌尿器科・皮膚科の専門医。
泌尿器と肌の老化の問題など両方の視点からお一人おひとりにあわせた治療をご提案します。またリラックスした心持ちで安心して治療を受けていただけるよう、きめ細かいケアを心がけていますので、恥ずかしがらず、怖がらず安心してご相談ください。
どんなお悩みでも真剣にお答えします。お気軽にお問合せください。

膣のゆるみは改善できます。一人で悩まずに専門のクリニックに相談しましょう。
膣のゆるみと尿モレ・お湯モレを改善する当院の治療法

膣全体と尿道を引き締めることが可能
頻尿・尿失禁レーザー治療
「Uタイトニングプラス」

レーザーによる頻尿・尿失禁治療「Uタイトニングプラス」は水分に吸収されるレーザーを膣壁に照射します。これにより膣壁に軽いやけどを生じ、やけどが治る過程でコラーゲンが合成されます。つまり熱が加わることで照射した部分が縮み、引き締まります。また尿道内から尿道壁にレーザーを照射するため尿道自体も引き締まり、腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁にも効果を発揮する治療です。

治療後
レーザー照射により尿道後面の膣壁が厚くなり(左図の中央赤線の部分)亢進した尿道の過可動性がなくなり、安定することで尿失禁が改善します。
さらに尿道内側に照射(右図の赤い部分)することで尿道を引き締めます。

Uタイトニングプラスは尿道の過可動を改善するためにレーザーを膣全周と尿道側膣壁の追加照射もします。さらに内因性尿道括約筋不全の改善のために、レーザーを尿道内側から照射することで尿道粘膜を厚くして、尿道閉鎖圧を高め、尿失禁を治療します。

◎過活動膀胱治療にもUタイトニングプラス

切迫性尿失禁を呈する過活動膀胱の原因の一つに膀胱の血流障害があります。膀胱後面へのレーザー照射がこの血流障害を改善し、膀胱の異常収縮を消失させることが分かっています。
Uタイトニングプラスはこれまで薬剤治療しか選択枝のなかった過活動膀胱を治す画期的な治療でもあります。従来の手術療法と違って、Uタイトニングプラスは腟口に麻酔のゼリーを塗って、レーザーを照射するだけなので治療時間も約20分と短く、入院の必要もない非常に侵襲の少ない簡単な治療です。
また手術療法で入れるメッシュやテープは体にとって異物であり、溶けずに体内に残っているため、これらの露出、感染、疼痛、泌尿器系の障害、再発、失禁といった問題が起こる場合があります。異物を入れないUタイトニングプラスではこのような副作用はありません。
1回でも効果を感じられますが、十分な効果を実感するには月に1回、計2〜3回の治療が必要です。
また手術と違って3回後の効果持続は2~2年半とやや短いですが、異物を入れるわけではないので、漏れが再発した時に気軽にまた行うことができます。
※ 治療効果には個人差があります。

  • 入院不要!
  • ダウンタイムは3日間!
  • 他の治療法と比べてかなり短いのも特徴のひとつ。
  • 麻酔クリームで痛みはごく軽度
  • 出産を予定されている方、閉経後の方も施術ができます。
  • 膣の若返りも可能です。

尿道照射のイメージの図

尿道から挿入しレーザーを照射するプローブ

Uタイトニングプラスは尿道の過可動の改善・括約筋の強化・膀胱血流障害の改善効果ですべての尿失禁の治療が可能です。

Uタイトニングプラスの料金

※ただし、Uタイトニング、Vタイトニングをすでに受けられた方はUタイトニングプラスの1回目の料金が15万円になります。

膣の緩みだけでなくくしゃみや立ちあがった時の尿漏れ(腹圧性尿失禁)が気になる方
過活動膀胱による切迫性尿失禁でお悩みの方にお勧めです。

皮膚科医と泌尿器科医としてのこだわり

当院は約20年間にわたる勤務医時代に泌尿器科専門医として多数の手術を執刀し、尿失禁手術も本邦で開始当初から行っています。
長年、皮膚科医と泌尿器科医として多くの患者様の悩みに応えてまいりました。また、両方の科目の専門にしている視点から、女性の悩みに真摯に取り組んでおります。

Uタイトニングプラス (レーザー尿失禁)治療は、骨盤内の解剖を熟知していなければ安全には行えない施術になります。
私自身、長年の手術で培った経験を元に、安全で確実な治療を提供しております。
また、軽症の方には保険診療の薬物治療や骨盤底筋体操、ウロマスターのような理学療法という選択肢もご提案いたしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

よくあるご質問

Uタイトニングプラスってどんな治療ですか?

腟全周にエルビウムヤグレーザーをスムースモードという組織の蒸散を生じない照射法で、膣全体の引き締めを行うのがVタイトニングという治療です。 膣の引き締めだけであればVタイトニングで十分ですが、尿もれが主の場合は、Uタイトニングが最適です。 UタイトニングはVタイトニングを行って、さらに尿道側の膣壁にもレーザーの追加照射をします。またレーザーを尿道内側から照射することで尿道粘膜も厚くして、尿道閉鎖圧を高め、尿もれを治療します。

遠方なので初診時から治療したいのですが

電話で治療日を予約していただければ、カウンセリング後に治療を受けていただけます。

治療前に検査がありますか?

尿もれがある場合、重症度を調べるためにパッドテストを治療前に必ず行ってください。

何回治療が必要ですか?

治療は1回でも効果はありますが、重症度が高い場合は複数回の治療が必要になるため、 パッドテストで重症度を予め評価することで必要な治療回数が予測可能です。

治療効果はどれくらい続きますか?

効果の持続期間は1回の施術でおよそ1年、3回治療で2年から2年半と言われますが、3年以上持続している方もみえます。

生理が近いのですが、治療できますか?

生理中でなければ治療が可能です、治療後に生理が来ても何ら問題ありません。

治療後のケアは必要でしょうか?

特に治療後のケアはありませんが、骨盤底筋体操を行うことで効果を速く実感できたり、治療効果が長く続きます。

治療は痛くないのでしょうか?

外陰部に近い部分は熱さを感じやすいので、麻酔クリームの塗布を行います、これを行うことで苦痛はありません。

尿失禁と尿もれの違いはなんですか?

どちらも同じ症状を指します。尿もれには、大きく分けて、「腹圧性尿失禁」と「切迫性尿失禁」があります。「腹圧性尿失禁」は、ちょっとしたことでお腹に力が入った時に、尿がもれてしまう現象で、膣のゆるみが原因で起こります。

治療の流れ

来院について

佐井泌尿器科クリニックでは診察時のご予約制度を基本的には設けておりません。
どうぞお気軽にお越しください。初診時から治療をご希望の方はご予約を承ります。
来院の前に、診療や施術について疑問や、遠方からお越しの方でお時間のご心配等がある方はメールもしくはお電話にてご相談ください。

カウンセリング

専門医によるカウンセリングを行います。
治療・施術・料金に関する疑問やお悩みなどお気軽にご相談ください。
安心して治療を受けていただくために、施術のメリット・デメリットをご理解・ご納得していただくまでご説明します。

治療・施術

カウンセリングでご提示した治療内容で施術を行います。
Uタイトニングレーザー治療は日帰りで受けていただけます。
治療後は注意事項などを詳しくご説明します。

アフターケア

術後の通院は特に必要ありませんが、治療結果を確認したい場合は通院で経過観察も可能です。
治療後に気になる点などがございましたら、ご遠慮なくご相談ください。
責任をもってきめ細かいアフターケアを行っております。

クリニック紹介


当院は医療理念として患者の皆様に対し、親切で、優しく、公正な医療を行うことを心がけています。また医療行為は痛みや苦痛を伴うことも多いので、可能な限り苦痛や負担が少ない治療法を選択しています。
皮膚科、泌尿器科の分野の専門的な医療に加えエイジングケアにも力を、外面的な治療はもちろん、内面からのケアも重視し、漢方や点滴療法などにより未病を防ぐ意味での効果も期待し治療を行っています。新しい治療については積極的に学会発表などを行い、標準治療になるよう努力しています。

佐井 雄一 院長プロフィール

1955年 1月31日生まれ
1980年 3月 杏林大学医学部 卒業
1984年 3月 名古屋大学医学部大学院 医学研究科修了
1984年 4月 名古屋大学医学部 泌尿器科 助手
1984年 7月 市立四日市病院 泌尿器科 医員
1987年 4月 豊田会刈谷総合病院 泌尿器科 医長
同時期より名古屋市中村区の蔡皮膚泌尿器科で皮膚科を診療
2001年 7月 佐井泌尿器科・皮フ科クリニックを開院

医学博士

  • ●日本泌尿器科学会 指導医・専門医
  • ●日本東洋医学会 専門医
  • ●日本皮膚科学会 会員
  • ●日本美容皮膚科学会 会員
  • ●日本美容外科学会 会員
  • ●日本ACR研究会 会員
  • ●日本胎盤療法研究会 会員
  • ●HARG療法認定医
  • ●日本女性骨盤底医学会 会員
  • ●日本性機能学会 会員

住所

〒468-0011
愛知県名古屋市天白区平針二丁目1906番地KMビル2F
名古屋市市営地下鉄鶴舞腺平針駅1番出口徒歩1分

電話番号

052-847-5110

診療時間

平日 09:00~12:00 / 16:00~19:00
土曜 09:00~12:30

休診日

水・日・祝日

駐車場

あり

 

佐井泌尿器科クリニックでは診察時のご予約制度を設けておりません。ご希望の方はご予約を承ります。
どうぞお気軽にお越しください。遠方からお越しの方でお時間のご心配等がある方はメールもしくはお電話にてご相談ください。
メールでのご相談は、以下のフォームにご記入ください。
折り返しご連絡させていただきます。
は必須項目となります。

お名前(全角)
フリガナ(全角)
性別
都道府県
電話番号
メールアドレス

メールアドレスなど、入力された内容に誤りがある場合、正常にご利用いただけない場合があります。数日経過しても確認の連絡(お電話ないしはメール)がない場合は、再度お申し込みいただくか、お電話にてお問い合わせください。

メール送信後、係の者からお電話(もしくはメール)にて確認のご連絡を差し上げます。

また当院からの電話連絡もしくは、返信メールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミス、携帯電話は迷惑メール防止の為にパソコンからのメールを受信できない設定、パソコンは迷惑フォルダーに振り分けられている事が考えられます。
大変お手数ではございますが、当院メールアドレスyuichisaimd@saiclinic.jpが受信可能なよう、「設定・登録」の変更をお願いいたします。

メールアドレス確認用
ご相談内容:施術
具体的なご相談内容

PCサイト

膣のゆるみ・尿失禁でお悩みの方へ[膣縮小治療] 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック